株式会社ルーラーBLOG

BLOG

【発見のある組織】ルーラーの経営理念ができるまで vol.3 最後に編

2971
views

この文章は株式会社ルーラーの経営理念「発見のある組織」をつくる際ただの言葉にしないよう、そして意図をできるだけ伝えたいという思いから出来た「つけたし文章」です。代表 沼の主観100%なのでご注意ください。

#3 最後に

会社はただの言葉、それは僕の思いでくくったカテゴリーです。
それ以上でも以下でもないはずだから、この会社の正体はやっぱり僕ら人間なんです。人との関わりの中に発見があり、生を感じる出来事がある。そこから生まれる商品やサービスが仲間へそしてお客様へ届くと新たな発見を見い出し、より大きな生になるんだろうと思います。
だけど、忘れてならないのは会社が活動するフィールド、社会の事。
会社は社会というカテゴリーの中でしか存在できません。
僕は社会を共存システムであると同時にゲームだとも考えています。ゲームにはルールがあり勝者と敗者が存在する。そしてこのゲームにはエンディングがない。
僕たちは会社というチームでこのゲームに参加しています。
生きるため?いいえ違います。生きるだけなら選択肢は他にもある。それ以上を求めるからこのゲームに参加します。ここをぼかしてはいけない。

2011年7月28日
株式会社ルーラー 代表取締役 沼 博人

Wantedly内にてルーラーの考え方を掲載中です!こちらもどうぞ


沼博人

沼 博人CEO Luler inc.

株式会社ルーラー代表 / 1979年生 / 北海道と東京によく居ます。

← 記事一覧