株式会社ルーラーBLOG

BLOG
クリスマス市アイキャッチ

冬の札幌はイベント盛りだくさん!ドイツのクリスマス市に日本最古のイルミネーションも!

4972
views

こんにちは!
最近、生まれて初めて霜柱を発見しました北海道歴23年のほなみんです。

早速ですが皆さま、全国都道府県別魅力度ランキング2016にて北海道が8年連続で第1位という名誉に輝いたことはご存知でしょうか?

大人気の北海道ですが、これからの季節「」といえばさっぽろ雪まつりの印象が強いですよね。
しかし、メジャーではないものの晩秋・初冬シーズンはクリスマス気分を存分に味わえるロマンチックな催しが開かれているんです!

想像以上にステキなイベントでしたので、写真付きで紹介したいと思います!

▼目次

  1. 大通公園とは?
  2. 札幌でドイツ気分!ミュンヘン・クリスマス市
  3. 日本最古のイベント!ホワイトイルミネーション
  4. 札幌の象徴!テレビ塔の展望台へ

イベントの会場は札幌中心部!大通公園とは?

どこにあるの?

大通公園は札幌市の中心部に位置します。
日本人初の公園デザイナーである長岡安平氏の設計により本格的に整備されてから、2016年で104周年を迎えました。

距離は大通西1丁目から大通西13丁目まで約1.5Km、面積約7.8ha
端から端まで、徒歩で約20分かかる距離です。

どんなことが行われるの?

夏の大通公園!

雪解けの春は美しい花を楽しむライラックまつり、夏はビアガーデンによさこい、食欲の秋はオータムフェスト、今では世界的に有名な雪まつりなど1年を通して様々なイベントが開催されています。
今回はミュンヘン・クリスマス市ホワイトイルミネーションについて紹介したいと思います!

ミュンヘン・クリスマス市へ行ってみた

そもそも、なぜ札幌でクリスマス市?

2丁目会場はミュンヘン・クリスマス市!

それは札幌とミュンヘンは姉妹都市だからです。

姉妹都市提携を結んで30周年を迎えた2002年に、ミュンヘンの年中行事のひとつであるクリスマス市が開催されることになりました。
札幌市民にミュンヘンを広く知ってもらおう!」という想いで企画されたそうです。

昭和47年(1972年)2月にミュンヘン市長が札幌にオリンピックの視察に来訪された際、姉妹都市提携の正式な申込みがあり、同年8月28日、ミュンヘンオリンピック大会3日目に、ミュンヘン市役所にて姉妹都市提携調印式が行われ、永遠の友好の第一歩を踏み出しました。

引用:札幌市公式ホームページ 姉妹都市交流

開催されている期間は?何時まで?

期間:2016年11月25日(金)~2016年12月24日(土)
時間:11時00分~21時00分
場所:大通公園2丁目会場

早速会場へ向かってみた

目印はテレビ塔!

会場の目印はテレビ塔!

ミュンヘンクリスマス市へ!

ミュンヘン・クリスマス市に到着です。

まずはグルメを堪能しよう

外でも食べられます

会場にはお店が並んでいます。
どんなグルメを楽しめるのでしょうか?

ジャークチキンが美味しそう

美味しそうな匂い..クリスマスと言えばターキーですね!

おじさんおススメのビール

「日本のビールと何が違うの?」と聞いたところ「飲んでみればわかるさ!」とおじさん。

ドイツ1番人気はシナモン風味!

クリスマス市名物、ハンセンのアーモンド工房の手作りローストアーモンド
ドイツ1番人気はシナモン、日本ではカカオが人気のようです!カリッカリで美味しい。

ホットビール専用サーバー!?

ホットビール専用サーバー!?
フルーティーで甘くて、どちらかというとカクテルのような味でした。女性に人気がありそう!

ドイツビールとソーセージ

ドイツビールとソーセージで異国気分を味わいます。
室内で食べられるスペースにはストーブが完備されているので、寒いのが苦手でも安心です。

ドイツワインの試飲!

更にはドイツワインが無料で試飲できるスペースも!
ドイツ直輸入とのことで味も美味しいのですが、ソムリエさんが詳しく説明してくれるのでワインについての知見も広がります。

デザートワイン、ボトルが可愛い!

ボトルもクリスマス限定デザインで、かなり可愛くお値段も手ごろです。これはおススメ!
友達に配るも良し!寝かせておくのも良し!パーティーにも重宝しそうですね。

イランの織物にプーチン大統領のマトリョーシカも!

イランの織物

イラン・トルコ製の手織り絨毯、クッションカバー、可愛い食器などを販売しているお店も。

プーチン大統領のマトリョーシカ..

流石はロシア、プーチン大統領のマトリョーシカが!
他にもオバマ元大統領やキテ〇ちゃんなどユニークな商品も並んでおりました。

美しい!キャンドルホルダー

ドイツ直輸入のキャンドルホルダーはハンドメイドにこだわっているそうです。
うっとりしてしまう美しさでした。

ドイツらしい!お菓子のお家

ドイツらしいお菓子の家も!
クリスマス市限定の商品も豊富で、お土産やプレゼントとして喜ばれそうです。

生クリスマスリース

生クリスマスリースまで!雰囲気があっていいですね。

時間によってはサンタクロースと記念撮影も!

偽物のサンタクロース

クリスマス市では、時間によって人の姿をしたサンタクロースが出現するとの情報が。
この日は運悪く出会うことができませんでしたが…

本物のサンタクロース!

後日出直したところ、本物のサンタクロースに出会うことができました!
運が良ければプレゼントがもらえる!との情報もありましたが、残念ながらサンタクロースは手ぶらでした。

クリスマス市は21時まで!

クリスマス市は21時までなので、ホワイトイルミネーションへ移動します!

目次にもどる

さっぽろホワイトイルミネーションへ!

いったいどんなイベントなの?

さっぽろホワイトイルミネーション

冬の札幌を彩る晩秋・初冬の期間限定のイベント。
実はこちら、昭和56年から続く日本一古い歴史を持つイルミネーションイベントなんです。

1981年(昭和56)、大通公園2丁目の1か所で1,048個の電球から始まりました。
2016年現在では会場は大通公園1丁目~8丁目、電球の数は約80倍の83万個にスケールアップ!

開催期間は?

期間:2016年11月18日(金)〜2016年12月25日(日)
時間:16時30分-22時30分
場所:大通公園1丁目~8丁目

クリスマス時期(12月23-25日)は24時まで点灯時間が延長されるので、恋人達のデートスポットとしても人気です。
それでは早速行ってみましょう!

1丁目会場!はじまりの「ラブ・ツリー」

大通公園1丁目

会場のテーマは「LOVE」となっており、
ハートがモチーフのラブ・ツリーやハート形のフォトスポットもあります。

日本文化である「恋人と過ごすクリスマス」にピッタリの空間ですね!

2丁目会場!「宇宙の領域」

2丁目会場は「宇宙の領域」!

こちらの高さ15mにも及ぶオブジェ「宇宙の領域」はイベントのメインでもあります!
電球は5720個使われていて、迫力が満点です。

2丁目会場はミュンヘン・クリスマス市!

同じく同会場では第15回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo が開催されています。

3丁目会場!雪のいぶき「スノークリスタル」

3丁目会場はスノークリスタル!

会場中央の噴水には、色鮮やかに変化するオブジェ「スノークリスタル」が設置されています。
会場テーマカラーのブルーを基調としたグランドイルミネーションと、ゴールドに煌めくシンボルツリーも新たに仲間入り。

4丁目会場!輝きの「ジュエリーパレス」

4丁目はジュエリーパレス!

噴水を使ったオブジェ「スパークファウンテン」とダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿「ジュエリーパレス」が輝きを放ちます。

3割増しで盛れました

こちらは私ほなみんのアイコンを撮影したスポットでもありますが、3割増しで可愛くなりました
テレビ塔をバックに撮影できるスペースもあるので写真好きな方には絶対にお勧めです!

5丁目会場!ほほえみの「クリスマスガーデンカフェ」

5丁目はクリスマスガーデンカフェ!

こちらは休憩スポット。
暖かい場所でイルミネーションを眺めながら、クリスマス感を満喫することができます!

イベント会場のちょうど中心に位置しているので、寒さ対策にいかがでしょうか。

6丁目会場!不思議な「フォレストアート」

6丁目はフォレストアート!

大きな木が立ち並ぶ会場構成を活かして、立木を使ったメディアアートや迷路が設置されています。
煌びやかな光とショートストーリーの映像、光の迷路などが体験できる子供にも喜ばれそうな空間です!

7丁目会場!心躍る「ハッピーサークル」

7丁目はハッピーサークル!

カラフルで色鮮やかなボールと雪のコントラストを楽しめます。

8丁目会場!未来を紡ぐ「クリエイティブシアタードーム」

8丁目はスノードーム!

光に包まれた大型の全天周ドームシアターは迫力満点です!

スノードームの中へ!

中に入るとこんな景色が広がっています。幻想的ですね!

目次にもどる

最後は さっぽろテレビ塔 に登ってみた!

テレビ塔!

最後に札幌市の象徴であるテレビ塔へ登ってみようと思います!
私ほなみん、北海道歴23年ではありますが展望台へ登るのは初めて!ワクワクしています。

まずはチケットを購入だ!

展望台入場券は3階「展望台入場券売場」で購入します。

チケットの料金はこちらから確認できます!様々なプランがあるので要チェック!

強制的に写真を撮影されます。

入場券購入後は強制的に写真を撮られます。
そうです、こちお馴染みの観光地特有のサービスです。絶対に買いませんけどね!

エレベーターで展望台まで!

地上90.38mの展望台へは3階よりエレベーターで約60秒。
お姉さんが日本語・英語にてテレビ塔についてのアナウンスをしてくれます。

展望台からの景色はこちら!

展望台に到着しました!

展望台からの景色
出典:さっぽろ観光写真ライブラリ

このように、大通公園と夜景が一望できる日もあるようです。
こちらの景色はさっぽろテレビ塔からしか見ることが出来ないので一見の価値ありです!

テレビ塔さんのお賽銭箱

こちらは札幌市街で一番高い場所にある神社だそうですが…
なぜテレビ塔に神社があるのかは、謎です。

写真が販売されています!

夜景を堪能したところで展望台から退散。
エレベーターを降りると、先程撮影した写真が販売されていました。

お値段は税込1,200円です!

うっとり。

2002年に誕生した、大人気のゆるキャラ「テレビ父さん」のカフェスペースで一休み。

この写真はまさか..

・・・

買ってしまった!
・・・

絶対買わないつもりが、自分の美しさのあまり 思わず購入してしまいました。
キレイに撮ってくれるのでお勧めですよ!

目次にもどる

最後に

札幌の冬のイベント、いかがでしたでしょうか?
雪国だからこそ雰囲気がありますし、北海道札幌だからこそ楽しめるのではないでしょうか!

今後も大好きな北海道札幌の魅力を更新していきます。
みなさんにとって素晴らしいクリスマスになりますように!したっけね~!


ほなみんPR / Support

北海道歴23年、生粋の道産子です。
チャイラテと何もしない休日が好きです。今1番欲しいものは使いすぎてマイナスになってしまった有給休暇。北海道の魅力を発信していきます!

← 記事一覧